【トレードスタイル】私は「長期寝かせ」+「気まぐれスキャルパー」でいく

2019年4月20日

FXのトレードスタイルはいろいろあり、人によって様々です。

よく書籍などで解説されている主なものには、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、長期などがあります。

≫スキャルピング

スキャルピングとは、もっとも短い時間で売買を行うトレード方法です。為替差益は小さく、回数を繰り返すことで大きな利益を目指します。1回のトレードでポジションを保持する時間は数秒から数分です。

≫デイトレード

株式などでもこのトレードスタイルは採用されることが多いです。ポジションを保持する時間は数時間から1日弱。通常、翌日に持ち越すことはしません。

≫スイングトレード

デイトレードよりも長くポジションを保持する手法なので、常にチャートを見ながらタイミングを狙うことができないサラリーマンに向いていると言われています。スイングトレードがもっとも利益を出しているとも言われていますが、私はこの手法で大損してしまいました…。

≫長期トレード

長期トレードは将来的に為替差益も狙いますが、同時にスワップポイントは確実に得る必要があります。日本円で売買する場合は「買い」から入り、しばらく放置することになります。長期チャートを見て底値の時に買うのが良いでしょう。ただ、思わぬロスカットとならないように資金は多めに準備し、レバレッジはなるべくかけないようにしたいです。

さて、タイトルにも書きましたが、しばらく私は

長期寝かせ + 気まぐれスキャルパー

というスタイルで進めていきたいと考えています。

「長期寝かせ」とはそのままの意味で、円で外国通貨を買い、スワップポイントを育てながら為替差益を狙います。米ドルや豪ドルでもとてもおいしいのですが、

「南アフリカランド」

という通貨はびっくりです。スワップポイントがものすごく高く、仮にレバレッジ25倍で10万通貨単位を買った場合、必要資金はたった3万2000円ほどなのですが、毎日200円以上のスワップポイントが手に入ります。

もうこれだけで、月々6000円のへそくり達成ですね!

このように「長期寝かせ」をロスカットされないように持ちつつ、気の向いた時にスイングトレードまたはデイトレードを行います。スイングトレードやデイトレードはチャートに張り付いて売買を繰り返すので、

正直、疲れます。

毎日何時間も短期トレードを繰り返すことで、月7桁という大きな利益を得る人もいますが、さすがに本業にしないと辛いです。なので気が向いた時に好きな時間だけスキャルピングを行います。ということで「気まぐれスキャルパー」です。

長期寝かせのポジションは最初からそのつもりで保持しているため良いのですが、それ以外はポジションをだらだら持ちたくありません。完全放置か、完全短期かというスタイルが今は気に入っています。

とはいえ人それぞれ、自分のライフスタイルに合ったトレードで無理なく続けるのが一番ですね。