「ゲーム・オブ・スローンズ」をイッキ見!しばらく脳内ウェスタロス住人に…

サブカル

私は日本のドラマは全く見ないのですが、海外ドラマはたまに楽しみます。

ただ一旦ハマると、全シーズンすべて見終わるまで自分の意思ではどうしても止めることができなくなり、全て見終わるまで一気見してしまいます。みなさんも経験ありますよね?

毎日長時間ドラマを見ていると、脳内は現実世界よりもドラマの世界で生きている状態になりませんか?経験ある人も多いと思いますが、正直、リアルに影響が出てますよね・・。毎日寝る前に見ることになるので、良質な睡眠も取れません。

「ゲーム・オブ・スローンズ」にハマった!

つい最近では「ゲーム・オブ・スローンズ」というドラマでその状態になりました。アメリカでも大人気のドラマのようですが私も見事にハマりましたね。

3週間ほど完全にウェスタロス(ドラマ内の地名)の住人になっていました。平日にもかかわらず夜中の2〜3時までAmazonプライムビデオに浸り、6時半に起きて出社。アタマの中ではメインテーマが常に流れ、キングスランディングに向かう気持ちで会社に向かいます。

気に入らないことがあると「ドラカリス」とつぶやく始末です。

自分の意思ではどうにもやめられないのですが、この状態になっていると体に悪いことをしている罪悪感に襲われます。

最近では超人気ドラマ「ウォーキング・デッド」も大好きなので見ているのですが、個人的にはこちらに軍配が上がりますね。ウォーキング・デッドはシーズン3くらいまでは超絶面白かったのですが、シーズン4、5、8、9あたりは冗長になっていきますね。7は衝撃的ですが。

「ゲーム・オブ・スローンズ」ってどんなドラマ?

さて、私がめちゃめちゃハマった「ゲーム・オブ・スローンズ」ですが、どのような内容なのか簡単に紹介します。

物語の舞台は架空のファンタジー世界です。剣と魔法、ドラゴンが存在する中世ヨーロッパのような国々です。見た感じとしては映画「ロード・オブ・ザ・リング」のような世界が近いのですが、物語の内容は全く違います。

ゲーム・オブ・スローンズというタイトルにもあるように、物語は七王国を束ねる「鉄の玉座」をかけた各国の覇権争いです。しかし、ただ王の座を狙って繰り広げられる戦争劇ではなく、鉄の玉座にまつわる人々の欲望や裏切り、愛などが描かれる群像劇です。

最初見たときは、エログロがやたら出てくるし、物語も陳腐なのかと思っていましたが、シーズン1の最後あたりからすっかり虜になってしまいました。

この物語は設定が非常に細かく綿密に練られていて、各所にばらまかれた伏線を後でちゃんと拾っていきます。シーズン1は物語の最初から描かれているのではなく、歴史的な出来事が終わった後から始まります。ですので、物語の背景を事前に予習しておいても良いかも知れません。ただし、くれぐれもネタバレを見てしまわないように気をつけましょう。

シーズン1の途中で見るのをやめてしまっている人は多いのではないでしょうか。それは非常にもったいないので、よく分からなくてもとりあえず我慢して見ましょう。シーズン1はいろんな伏線を張るシーズンですし、見終わるころには、あなたはシーズン8の最後までウェスタロスで生きていくことになるでしょう。

私はこういうドラマで性的な表現はあまり好きではないのですが、このドラマの場合、出てくる女性はほとんど服を脱いで裸になります。モザイクも当たり前ですし、ことに及ぶシーンもふんだんにあります。

しかしながら、そんなことにはすぐに慣れますし気にならなくなります。些細なことというか、むしろこのドラマにはなくてはならない表現だった気もします。

人物の魅力もすばらしいです。これはもちろん物語に出てくるキャラクターの設定もすばらしいのですが、役者さんそれぞれに魅力があって本当に素敵です。

ファンタジーですが、剣と魔法とドラゴンで闘う単なる冒険活劇ではありません。玉座をかけた人々の権力や欲望、使命、愛などを重厚なストーリーで描いているのです。

このドラマを見ている間、ものすごくワインが飲みたくなります。あなたもワインが好きならわかるでしょう。

King in the north!

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました